現場で気をつけていること

こんにちは!皆さん、日々の訪問ご苦労様です。

ところで、皆さんは他の訪問看護師さんがどのように看護を実践しているのか、知りたいと思ったことはありませんか?

実は私はあります。そこで、何人かの訪問看護師さんにインタビューした結果を、ここでまとめてみたいと思います!ご参考までにどうぞ!

どんなことを実戦しているのか?

多くの看護師さんは

「褥瘡を作らないこと」

「限られた時間内に必ず生活ケアを実施する」

「本人の安楽」

「医療的処置を忠実に行うこと」

「傾聴する姿勢の大切さ」

「先入観に縛られない。実践している事実のまま受けとめる」

といったことを重視しているそうです。

療養者を生活者として認識し、ケアを生活に密着させる工夫

そして、看護実践を進めるなかで

「ケア用品を無駄にしないためのリサイクル」

「日用品を利用したケアの道具の工夫」

「看護師が感染媒体にならないよう注意する」

「家族に対する感染予防の指導する」

といった、療養者と共に暮らす家族のことも気遣っているという意見がありました。

カンファレンス・情報共有

カンファレンスや情報共有では

「カンファレンスの開催の呼びかけは在宅診療医師・訪問看護師・ケアマネジャ-を中心に行う」

「ケアチームの中でそれぞれの立場で振り返るデスカンファレンス」

「ステーション看護師が訪問診療に同行」

「繰り返しの関わりをもつことで信頼関係を構築」

といったことに気をつけているそうです。

訪問看護師の役割

訪問看護師は、療養者・家族の療養生活を包括的に把握しながら「生活」を重視し、他職種との協働によるケアの取組を大切に考えていることが分かりました。

また、療養者・家族の負担に配慮し、新聞紙など「日用品を利用したケアの道具の工夫」など、訪問看護師自らの経験を生かした実践的な取組もありました。

このようなケアへの取組の姿勢から、訪問看護師個々の看護観を基盤に、在宅療養者を「生活者」として認識し、生活に密着したケア方法に取り組んでいることが分かりました。

訪問看護師個々の看護観がケアに反映しているために、看護師が変わるとケアの継続性が担保されないことが予測できます。

よって、継続的なケアを保障するために訪問看護には常に協働・連携が求められています。

 みなさんのご意見をお待ちしています

皆さんはどうお考えですか?

良かったら、皆さんの声をぜひお聞かせください!お待ちしています!

お名前(ニックネームなど)

どのような形で訪問看護に関わっていらっしゃいますか?

保健師助産師看護師(専門・認定)看護師介護支援専門員医師その他

上記でその他を選ばれた方(具体的に)

必須 ご意見・ご感想

ご意見・ご感想の公開可否(公開可のご意見を訪問看護コミュニティ内でご紹介させていただく場合があります)

公開可公開不可